ポーランドの片隅で綴るマイペース日記

スポンサーサイト

--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしまい。

2013.08.18(日)
ダンナの実家から、借家に移って10日余り。
ネットが開通し、やっと落ち着いてきました。

しかし暑いね。エアコン無しでは生きていけないわ・・・。
ちょっと我慢してても、だんごがハーハー言い出してヤバいのでエアコンをつけてしまうのです。
ちなみにだんごは今、部屋の中を探検中。
でも昼間から夕方までは、寝ていることが多いです。






さて。

ポーランドにいる間書いてきたこのブログ、これで最後にいたします。

ポーランドで暮らしていて、ちょっと生活力がついた・・・かも。
これからは日本でしばらく主婦しながら、マイホーム獲得に向けて頑張ります!

ブログは残しておきますが、こっそり参加していたランキングからは撤退しまーす。コメント欄はどうしようか考え中。

それでは、どうもありがとうございました!!
スポンサーサイト

無事帰国しました

2013.08.03(土)
7月31日。
日本に帰国しました。

だんごの写真とともにご報告いたします。


ヴロツワフ空港にて。
だんごは、ハーネスとリードを付けた上でキャリーバッグに入れて行きました。
セキュリティーチェックで、バッグから出して抱えて金属探知機のゲートをくぐれと言われました。そのとおりにすると、ハーネスとリードの金具がひっかかり「ピー」。
ハーネスとリードを取れと言われ、暴れないでね~・・・と祈りつつ外して通り、無事通過。
ポーランド航空は座席の下にキャリーバッグを入れる機内持ち込み方式。
一路ミュンヘンへ。

ミュンヘンにてANAに乗り換え。
事情によりANAにしたのですが・・・正直、ペット連れならルフトハンザの方が良いのかな。機内持ち込み方式だし。
ANAはバルクカーゴという、空調の効いた貨物室に載せる方式なのです。知らない人がたくさんいる客室はだんごの性格上緊張・興奮が高まってしまうので、その点ではいいのかもしれないけど。
スタッフさんも戸惑ってたなあ。よほど珍しいんでしょうね、猫。ベテランらしき方が指示を出してからはスムーズにいったけど。
キャリーバッグ(柔らかく小さめ)からケージ(しっかりした作りで大きめ)に移し替えるのですが、逃げないように移し替えられる場所を案内されるわけでもなく、チェックインカウンターのその場で。すんなり入ったから良かったけどさあ・・・。

んで、成田。


だんごと再会!緑のネットに包まれてました。


お疲れ様だったねえ。

そしてダンナの実家に到着。


朝顔の花を見たり・・・


畳の感触を確かめたり・・・


布団に乗ってみたり。

最初は緊張が解けず食欲もなく心配でしたが、もう水とトイレはOK。ご飯も少しずつ食べてます。

ちなみに人間の方は時差ボケですが元気です。
転入届や印鑑登録など済ませ、今日は車の購入だ!

それと、とりあえずダンナの実家にいますが、今後借家に移ります。だんごも一緒。


そんなわけで、とりあえずのご報告。

これでは締まらないので、もう一回くらい更新しますσ(^_^;)ではまた数日後に。

いよいよ

2013.07.30(火)
出国を翌日に控えております。

今週末は日本人社員での送別会ということでバーベキュー会を催していただき、38度という炎天下(!)の中、美味しいお肉を食べてきました。

今日(29日です)は引っ越し屋さんに荷物の引き渡し。予想よりスムーズに行って、良かった。

そして今夕方になろうとしています。
これからまたも送別会。
ポーランド人社員主催ということで、私もなんか参加するらしいので行ってきます!

ポーランドからの更新はこれで最後。
日本から、あと一回くらい更新するかな?


では、日本で!

猫手続(臨床診断とエンドースメント)&銀行

2013.07.25(木)
猫の輸入手続きも、ポーランド側でするのはこれが最後。

今まで長い道のりだった・・・。
・マイクロチップ挿入
・狂犬病予防接種を二回
・採血して抗体検査
・渡航40日前までに日本の動物検疫所に申請(ネットでできるが、記入事項多くて大変。マイクロチップ読み取り機のメーカーとか聞かれる。)

そして昨日。
渡航直前の臨床診断と政府機関のエンドースメントを取りに行きました。
エンドースメント(裏書き)ってのは、「書類の内容が正しいことを証明しますよ~」っと、公的機関のお墨付きをいただくことです。

まずは臨床診断。
渡航前48時間以内とは規定されてますが、手続に時間がかかるなどの事情でそんなの無理!というケースは多いらしく、10日以内なら良しとされてるようです。(2013年7月現在)

だんごを連れて動物病院に到着。
大きなワンちゃんが診察されてたんですが、何だか自力で起き上がれない様子。飼い主さんが抱き上げて車に乗せてたけど、大丈夫かなあ・・・。

そしてだんごの番。

狂犬病にかかってないことの確認と、マイクロチップが読み取れることの確認。
マイクロチップの方は、大丈夫じゃないの~みたいな感じですっ飛ばされそうだったのを「ミクロチップ!」と催促してやってもらいました。
読み取り機が出てきたのは、背の高い棚と天井との間。
よほど出番がないんだね・・・。
電池切れになってなかったのが幸い。

日本の申請書類(英語。Google翻訳と辞書を駆使して自作したポーランド語訳を付けた)に記入してもらい、終了。
獣医さんに「いつ出発?ポーランドは良かった?」みたいなことを聞かれ、なんかお別れの挨拶みたいな感じになりました。
さようなら、英語は話せなかったけど色々やってくれてありがとう。

一旦だんごを家に置いて、次は獣医監査局へ。

大使館のホームページによると、エンドースメントは獣医監査局で取れとのこと。
しかし、いきなり行って話が通じるかが非常に不安だったので、事前に一度通訳さんと訪ねたんです。
書類を見せて「これの証明やってもらえるの?」と聞いたらOKとのことでした。
さらに、「夏は突然休業になってしまう所も多いから、確認した方がいい」との通訳さんのアドバイスにより、訪問日を連絡しておいてもらいました。

そんな前置きがあって、いよいよ獣医さんに記入してもらった書類を持って監査局の中へ。
事前訪問の時対応してくれた人がいた!
こちらを見るなり「ああ、わかってますよ」といった感じでうなずき、応対してくれました。感じのいい人だ。
しかも、日本の申請書類がどんなものか、確認しておいてくれたようではないか!ポーランドの役所もやるじゃん!と、ちょっと感動しましたよ。
そして、スムーズにエンドースメントが終了。

ちなみに、書類に押されたスタンプ。



ワシの紋章が、ちょっとカッコいい。

というわけで、
ポーランド側の手続き終わったーー!!
あとは空港と飛行機と検疫所!


それから、昨日は銀行にも行きました。
口座閉鎖の手続き。
ダンナの口座ですが、私の家族カードも返すので同行しました。通訳さんも一緒。
送金のレートだの手数料だの、よくわかんない話に相槌を打ち、サインして、カード返して終了。
今頃、ズウォティが円になって日本の銀行に貯まってるのか・・・。

そんな感じの水曜日でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
<おまけ>きょうのだんご

空になった引き出しが・・・


「ここ、あたしの家にする!」


実は、獣医さんに「でぶ」と言われてしまっただんご。
日本で夏バテして痩せるかな?
それはそれで心配だけど。

本帰国のお知らせ

2013.07.23(火)
帰任が決まりました。

7月末日、日本に帰る予定です。


主人は5年、私は4年のポーランド生活でしたが、残りわずか。
帰国に伴う覚え書きなどを今後も書き込むかと思いますが、とりあえずのご挨拶を・・・。

こんな地味なブログを覗いてくださったかた、コメントを頂いたかた、直接会ってくださったかた。
本当にありがとうございました。

一人でいることが圧倒的に多い生活の中で、励みになりました。

今は帰国準備でバタバタしていて、感傷に浸る余裕がないのですが・・・
帰国して一息ついた頃に、色々思い出すのかなあ。


それでは、帰国準備頑張ります!
シレジアじかん。
プロフィール

noala

Author:noala
2009年4月、夫の転勤のためにポーランドへ。
町で超希少種の日本人女性として
一匹狼ライフを満喫中…。

得意技は「ぐうたら」です!!

2010年7月、猫の「だんご」が仲間入り。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
円換算用に置いてみた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。