ポーランドの片隅で綴るマイペース日記

スポンサーサイト

--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫手続(臨床診断とエンドースメント)&銀行

2013.07.25(木)
猫の輸入手続きも、ポーランド側でするのはこれが最後。

今まで長い道のりだった・・・。
・マイクロチップ挿入
・狂犬病予防接種を二回
・採血して抗体検査
・渡航40日前までに日本の動物検疫所に申請(ネットでできるが、記入事項多くて大変。マイクロチップ読み取り機のメーカーとか聞かれる。)

そして昨日。
渡航直前の臨床診断と政府機関のエンドースメントを取りに行きました。
エンドースメント(裏書き)ってのは、「書類の内容が正しいことを証明しますよ~」っと、公的機関のお墨付きをいただくことです。

まずは臨床診断。
渡航前48時間以内とは規定されてますが、手続に時間がかかるなどの事情でそんなの無理!というケースは多いらしく、10日以内なら良しとされてるようです。(2013年7月現在)

だんごを連れて動物病院に到着。
大きなワンちゃんが診察されてたんですが、何だか自力で起き上がれない様子。飼い主さんが抱き上げて車に乗せてたけど、大丈夫かなあ・・・。

そしてだんごの番。

狂犬病にかかってないことの確認と、マイクロチップが読み取れることの確認。
マイクロチップの方は、大丈夫じゃないの~みたいな感じですっ飛ばされそうだったのを「ミクロチップ!」と催促してやってもらいました。
読み取り機が出てきたのは、背の高い棚と天井との間。
よほど出番がないんだね・・・。
電池切れになってなかったのが幸い。

日本の申請書類(英語。Google翻訳と辞書を駆使して自作したポーランド語訳を付けた)に記入してもらい、終了。
獣医さんに「いつ出発?ポーランドは良かった?」みたいなことを聞かれ、なんかお別れの挨拶みたいな感じになりました。
さようなら、英語は話せなかったけど色々やってくれてありがとう。

一旦だんごを家に置いて、次は獣医監査局へ。

大使館のホームページによると、エンドースメントは獣医監査局で取れとのこと。
しかし、いきなり行って話が通じるかが非常に不安だったので、事前に一度通訳さんと訪ねたんです。
書類を見せて「これの証明やってもらえるの?」と聞いたらOKとのことでした。
さらに、「夏は突然休業になってしまう所も多いから、確認した方がいい」との通訳さんのアドバイスにより、訪問日を連絡しておいてもらいました。

そんな前置きがあって、いよいよ獣医さんに記入してもらった書類を持って監査局の中へ。
事前訪問の時対応してくれた人がいた!
こちらを見るなり「ああ、わかってますよ」といった感じでうなずき、応対してくれました。感じのいい人だ。
しかも、日本の申請書類がどんなものか、確認しておいてくれたようではないか!ポーランドの役所もやるじゃん!と、ちょっと感動しましたよ。
そして、スムーズにエンドースメントが終了。

ちなみに、書類に押されたスタンプ。



ワシの紋章が、ちょっとカッコいい。

というわけで、
ポーランド側の手続き終わったーー!!
あとは空港と飛行機と検疫所!


それから、昨日は銀行にも行きました。
口座閉鎖の手続き。
ダンナの口座ですが、私の家族カードも返すので同行しました。通訳さんも一緒。
送金のレートだの手数料だの、よくわかんない話に相槌を打ち、サインして、カード返して終了。
今頃、ズウォティが円になって日本の銀行に貯まってるのか・・・。

そんな感じの水曜日でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
<おまけ>きょうのだんご

空になった引き出しが・・・


「ここ、あたしの家にする!」


実は、獣医さんに「でぶ」と言われてしまっただんご。
日本で夏バテして痩せるかな?
それはそれで心配だけど。
スポンサーサイト

抗体検査、OK!

2012.03.28(水)
我が家の愛猫・だんごの狂犬病抗体価の検査をしました。
結果から言うと、基準値クリアしましたd(^_^)
よっしゃー。

日本への渡航手続きの中で、ヤマ場と言っても良いかもしれないこの検査。
今まで受けてきた予防接種がちゃんと効いてるかが確認されるのです。

話はさかのぼり、先月の10日。

検査を拒否されたためにかかりつけの獣医さんを変えたという話は、以前の記事(こちら)で書いたとおり。
で、新しい方の獣医さんの提案で、検査前に一度予防接種することになったのです。

実は、new獣医さんから、こんな話をされまして。
「以前もあの獣医さんに検査を断られた犬の検査をしたけど、抗体価が低かったことがあってね。
強制はしないけど、念のため一度接種してから検査してはどうだろう?」

う・・・そんなことが・・・。
せっかくの検査で良い結果が出ず再検査、なんてことになるよりはいいのかなあ・・・。

そんなわけで接種をしたわけです。

new獣医さんは旧獣医さんと注射する場所が違いました。
旧獣医さんはお尻。
new獣医さんは肩甲骨か脇のあたり。

そして、今月の12日。
いよいよ採血。
書類作成的なこともあり、ダンナにも来てもらい病院へ。

もしもだんごが落ち着かなければ麻酔をするという話でしたが、麻酔なしで乗り切りました。

まずはだんごの右前足の毛をバリカンで剃りそり。
ピンクの地肌に針が刺さる・・・ごめんよ、我慢してくれー。
ダンナは腰、私は上半身をがっちりホールド。
だんごは意外におとなしく、横を向いて耐えている。えらいぞ。

そして採血終了。血液は指定の検査機関ヘ送られます。

帰宅後、ご飯をもりもり食べるだんご。
動じない猫で良かった・・・。

そして一昨日。
結果だけ知らされました。
領収書が検査機関から届かないとかで、支払いと結果通知書の受け取りはまだしてないのですが。

それでですね・・・
結果、基準値はクリアしてたんですが、結構ギリギリだったそうで。
念のための接種をしておいて良かったね、とのことなんです。

むむ・・・
旧獣医さんに対する不信感が、にわかに高まる私。
今までの接種、確実に行ってたのだろうか?
ワクチンの製造番号はちゃんと控えてあるので、全く効果のない接種であった訳はないはずだけど。

そういえば避妊手術の時は、近くの街からもう一人獣医さんが応援に来た時にしたんだったなあ・・・

・・・過ぎたことを考えるのはやめよう。
もうかかりつけはnew獣医さんだものね!


というわけで、この検査結果を受けて、採血日から180日の待機期間を過ぎれば渡航可能になります。
直前に健康診断を受けたり獣医監査局の証明をもらう必要がありますが。

そして、採血日から2年以内は検査結果の有効性が続きます。その間にワクチンの有効期限が来てしまう場合は、接種しないといけませんけどね。
2年以内には本帰国のはずなので大丈夫だろう。
(手続きに関しては、動物検疫所や大使館のホームページを見てくださいね!私の方法が正しいという保証ができません。)


今では前足の毛も伸びてきて、痛々しさのなくなっただんご。
最後に、タンスの上からの三面相をどうぞ~( ´ ▽ ` )ノ







何に気が付いたのだろうか(・_・;?

猫がらみの話をふたつ。

2011.08.13(土)
お盆ですねえ。
帰省ラッシュという言葉が完全に他人事のnoalaです。

先日、ドイツのペットショップで大物を買いました。



キャットタワー。
天井に突っ張るタイプで底面がコンパクトなものを探していたのですが近所に見当たらず、ドイツの端っこに踏み入っての購入となりました。50ユーロ弱。

ダンナが仕事に忙殺されている最中なので、私一人で組み立ててみました。



まずはパーツを確認します。
だんごは確認しなくてよろしい。



ネジ類に説明書、液体マタタビのようなものも入ってました。

それでは、組み立ててみよう。



麻縄の巻かれたポールはしっかり掴むと感触がちょっと痛い。手袋を装着。



脚立も持ち出して、さらに組み立てる。

そして・・・



(とりあえず)完成~!
しっかし、突っ張り部分がどうも貧弱だなあ。
本当は長いボルト部分をカバーするパーツがあるのですが、これをつけてしまうとネジの締め直しなどの調整ができなくなってしまうのです。
しばらく様子を見てからでないと付けられないなー、ということで、とりあえずの完成を見たのですが・・・

次の日。
だんごが最上段に飛び乗った瞬間、グラリと傾くタワー。
傾きをどんどん増していくタワーから焦って飛び降りるだんご。
そして、タワーはそのまま・・・

ドガシャーン!

倒れた・・・。

だんご、驚かせてごめんよ・・・。
もっと安全な設置の仕方を考えるよ。

結果、タワーは部屋の角に棚板を密着させるようにして設置し、2方向の支えを確保。
さらに、でかいチェアをくっつけるように置いて3方向から押さえるようにしました。
ぐらつきゼロだぞ!やったね!
だんごー、どうだい居心地は?



「そうね~・・・」



「いいんじゃない?」

その後、タワーの上で寝たり毛づくろいをしたりと、くつろいでくれてます。
一度倒れたショックで使わなくなっちゃったらどうしようかと思ったけど、全く心配なかったようです。
組み立てた甲斐があったぞーー!


さて、猫話をもうひとつ。
先日動物病院へ行きました。
ダニ・ノミ取り薬、虫下し薬を受け取ったのですが、さらにこんな物が。



パスポート!だんごのパスポート!
とは言っても、使えるのはEU圏内の移動だけですが。
だんごも一丁前になったもんです。

写真を貼る欄もあります。必須ではないけど、せっかくだから貼ろうかな。



「いい写真選んでよね!」

あ、今日は虫下し薬を飲ませる日だ。
生の七面鳥肉に薬を忍ばせて食べさせます。うまくいくだろうか。

それと、最後に備忘録をちょこっと。
・来月の頭に白血病ワクチン。
・来年の頭に狂犬病ワクチンと抗体検査。

マイクロチップねこ

2011.01.26(水)
昨日、だんごにマイクロチップを装着しました。

太い針の注射器みたいなものを使って、5ミリもないくらいのチップを皮膚の下に埋め込むのです。
獣医さんに「痛くて結構暴れると思うから、助手がいる日にやるよ」と言われていたのでビビり気味の飼い主。
そして、助手の人に押さえてもらいいざ装着したら、暴れず騒がず冷静だっただんご。
その後の狂犬病予防接種も、静か…。飼い主拍子抜け。
ともかく、無事にマイクロチップ装着完了!

DSCN2838.jpg

チップを読み取る機械を首(肩?)のあたりに当てると、「ピッ」と反応して、識別番号が表示されます。
ハイテクな猫になったわねえ、だんご。
だんご自身は、んなこと気にしてないようだけど…。

DSCN2836.jpg

だんごの処置が済んだ後、まずはポーランド国内用の手続き書類にサイン。
日本語でもサインして~とねだられたので、漢字でも名前を書いときました。
これで、マイクロチップの識別番号が登録されるので
万が一迷子になっても、保護されてチップを読み取ってくれれば飼い主がわかるというわけ。

それと、帰国時に日本に提出する書類を見せて説明。
だけどこれ、英語で記入しなければなりません。
獣医さんの娘さんが英語がわかるらしく、持ち帰って娘が来るときに見てもらうよ、とのこと。
ちなみに娘さんは新婚さんで、旦那さんとのラブラブウェディング写真で作ったカレンダーが動物病院の壁に掛けてあります。(そして、見てよこれー!とばかりにめくってみせる獣医さん…。)

獣医さんとしては「抗体検査から帰国までの180日以上の待機」が気になるらしく
早いとこ手続きを進めておきたい様子。
なので、次回の狂犬病予防接種は一月後という話になりました。
そんなに急がなくても…と思ったけど、けっこう頑固な獣医さんなので従っておきます。

とりあえず、1ヶ月は落ち着いて過ごせそうだ。

抜糸と今後の手続き

2011.01.24(月)
だんごの避妊手術から2週間。
今日、抜糸しました。
消毒液でお腹を褐色に塗られ、
さらに銀が入っていると思われるスプレーをかけられ
だんごのお腹は現在、若干メタリックな輝きを放っております。
もう窮屈な服も着なくていいし、良かったね。

激しく遊びそうなタイプのおもちゃを久しぶりにあげてみました。

DSCN2822.jpg

中にマタタビが入っているらしい、ねずみ。

はい、どうぞ。

DSCN2824.jpg

しばらく”猫夢中”状態でくわえたりパンチしたりと駆けずり回り、
今はおとなしくなってます。眠くなったのね。


実は、明日も病院へ行くことになっています。
個体識別用マイクロチップの装着と、狂犬病予防注射が待ってます。
赴任期間が終了したとき、一緒に日本へ渡るための第1歩なのです。

日本入国には、
・マイクロチップの装着
・装着後2回の狂犬病予防接種(不活化ワクチンか一部の遺伝子組み換えワクチン)
・2回の注射後の抗体検査で基準値をクリアすること
・抗体検査のため採血した日から180日の待機
・その他届出、渡航直前の健康診断など
が必要だそうで…。
ちゃんとクリアしないと、検疫でひっかかり、成田にだんごが勾留されてしまう…(T_T)

最近は、マイクロチップ装着前の注射も1回は認められるケースがあるらしいけど
だんごが前回受けた注射は生後90日経ってなかったのでダメっぽいです。
なので、明日マイクロチップ装着→予防接種をしたら
30日以上空けてもう一度接種し、抗体検査するということになるようで。
まあ、そんなに急がないので
30日と言わず、半年くらい空けて2回目の注射を打とうかと考えてます。
で、日本で提出する書類に獣医さんの記入とかポーランドの政府機関の証明(これは県の管轄らしい)をもらわないといけないんだよなー。
あー、ややこしい。

私の記述も正確か怪しいところなので、もしも参考にしたい方がいたら動物検疫所のHPをチェックしてくださいねー!!
動物検疫所はこちら→http://www.maff.go.jp/aqs/animal/dog/import-index.html
シレジアじかん。
プロフィール

noala

Author:noala
2009年4月、夫の転勤のためにポーランドへ。
町で超希少種の日本人女性として
一匹狼ライフを満喫中…。

得意技は「ぐうたら」です!!

2010年7月、猫の「だんご」が仲間入り。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
円換算用に置いてみた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。