ポーランドの片隅で綴るマイペース日記

スポンサーサイト

--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分別、するの?上級編

2013.07.06(土)
前回の記事で、新しいごみの分別収集が始まった話をしました。
実際に団地の前に設置されたものはこんな感じです。


プラスチックと金物。


紙。


ガラス。


生ごみその他雑多な家庭ごみ。

丸い蓋を開けて中にごみを放り込むんですけど、実は地面を掘って設置しているので外観よりかなり深いです。
巨大な袋が中に入っていて、そこにごみがたまる仕組みです。
どうやって回収するんだろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、ここからが本題。

上の写真のようなところに捨てられないごみはどうするか?

前回の記事で、「電化製品や粗大ごみの捨て場所がわからない」と書いたのですが、その後会社の人に教えてもらいました。以外と近所。
で、今日、行ってきました。

捨てたものは・・・
・プリンター
・ホットプレート
・その他小さい電化製品2個
・電球2個
です。

今日はダンナが会社の同僚さんと遊びに出掛けたので、私一人で車に積み込み出発。
車だと3分もかからず到着。近い。

着いた・・・けど・・・どうすりゃいいんだ?
駐車場には車が数台あるけど人はいないし。
収集車とその車庫らしき建物があって、車庫の前に作業着の人が二人。
事務所らしき建物もあるけど、なんか雰囲気がウェルカムじゃない・・・。

しょうがない、作業着の人に話しかけてみようと車を降り、とりあえず小型の電化製品と電球を手に持った時、事務所らしき建物から一人の女性が出てきました。
真っ赤なカットソーに、黒いテカテカした生地のマーメイドラインのスカートといういでたち。

何の用?みたいな感じで話してきたので、持ってきた物を見せて「ゴミです」と言ってみました(それ以上の言葉を知らない)。
すると、女性が出てきた建物とは別の場所の鍵を開けて中に入って行くのです。

ついて行くと、なんか書類を見てる。
何か書くのー?名前?とドキドキしていると、「何持ってきたの?」と聞かれました。
手に持っていたものを見せながら
「これと・・・さらに電気の、車に」
(「他にも車の中に電化製品がある」と言いたい。)
あまりに拙い私の言葉でも、とりあえずなんか捨てに来たんだなということはわかってもらえたらしい。
「ちょっと先を右に曲がったところに車で行って待ってて」と言われました。

言われたとおり車で移動すると、そこには施錠された鉄格子の小屋が。
ここに捨てるのね。

すぐに女性もやって来たので私は捨てるものを車から出してスタンバイ。
プリンターなどの入った袋の持ち手を、女性が片方持ってくれました。

小屋の鍵を開け中に入ると、大小のゴミ箱やコンテナがずらり。それぞれ、何を入れるかが書かれた札が付いてます。
女性は札を見ながら
「プリンターは・・・ここ。」とか言いながら捨てていきます。
そして、ホットプレート。
女性に「これ何?」と聞かれたのですが、何て言ったらいいんだろうこれ?
「料理・・・熱い。」とか、もう小っ恥ずかしいくらいのカタコトで言ったら、女性が「ナントカ?」と知らない単語を発したので「はい。」と返事してみました。
まあそれでなんとかなりました(苦笑)。

その後、もう一度最初に入った部屋へ行って書類の記入。まあ書類って言っても、日報みたいな紙に捨てたものと住所・氏名を書くだけですけど。滞在許可証を見せて、女性に書いてもらいました。

これで終了。料金は無料。


いやー、他に人が全然いなかったなー。土曜日だから?他にも捨てに来た人がいたら、その流れに乗れて楽だったかもしれないのにー。
それでも無事に捨てられて、スッキリしたぞ!ちょっと達成感。

では・・・達成記念におやつでも食べよう。(スケール小さいな~・・・)
スポンサーサイト

分別、するの?

2013.07.01(月)
だいぶご無沙汰してしまいましたけど、元気です。noalaです。

さて、先日、郵便受けにこんなものが。



ごみの分別ハンドブック、みたいなもの。
7月1日から分別のルールが新しくなるというのです。
ハンドブックには、分け方と出し方が書いてあるので、しばらくGoogle翻訳と格闘してみました。

・ガラスはプラスチックなどのキャップを外し、中はきれいに。ラベルは取れそうなら取る?じゃあ取らなくていいかな。

・紙ごみは、段ボールも含む。ハードカバーの本はダメ。

・プラスチックと缶が一緒?ペットボトルと金物と牛乳パックが一つのカテゴリーにまとまってるけど、プラスチック用ごみ箱に缶も入れていいのかな。

・電化製品の回収は年2回?回収場所もよくわかんない。それとは別に、持って行くと随時引き取ってくれる所があるようだけど、住所がわからない・・・。粗大ごみも同じようなことが書いてあるけど。

こんな感じで、ちょっと謎なのです。

うちの近所の団地ではごみ捨て場が新しくなって、分別用に4つの大型ごみ箱が設置されました。
でもうちのアパートのごみ捨て小屋は変化なし。
我が家は今まで、ペットボトルとガラス瓶だけは分別して近くの専用ごみ箱に捨て、他はアパートのゴミ捨て小屋に放り込んでいたのですが、変えなきゃいけないかなー?
第一、今まで分別に無頓着だったポーランド人はちゃんと分別するのだろうか・・・?

先日ネットで見つけた動画で、「ポーランドの市民が分別したゴミはどうやって回収されるか」ってのがあるのですが・・・↓



黄色いごみ箱はプラスチック、青いのは紙類だと思われます。
日本でも、最終的に持っていく場所は同じなのに分別するの?ってことはありますけど、これほどあからさまだとね・・・
やる気をなくさせますよね~。


とりあえず、様子見ってことで。


ーーーーーーーーーーーーーーーー
<おまけ>きょうのだんご

IKEAで買ったウール100パーセントのマットが気になるだんご。





床に広げてみました。


伸び~ & 爪とぎバリバリ


ごろーん

たいそうお気に召したご様子。

ニホンカラキマシタ。@中学校

2012.11.29(木)
火曜日のこと。
近くの街にある中学校にお邪魔してきました~。

会社の人(ポーランド人)の娘さんが日本について紹介する企画を立てたので、ちょっとインタビューを受けてくれないか、との依頼。
それくらいしか聞いていなかったので、いまいち雰囲気のつかめないまま中学校へ向かいました。
もう一人、ポーランド在住歴の長い日本人(通訳さん、男性)も参加。

そして中学校に到着。
娘さんがお出迎え。14歳だそうです。背、高いな~。

玄関は、靴のまま入るので当然下駄箱なし。
廊下は日本より窓が少ないかな?暖房が効いていて廊下にいても暖かいです。
授業中らしく、人はいません。

そして教室に通されると・・・
生徒と先生の拍手!
教室は日本より小さくて、生徒は15人くらいだったかなあ。先生が2人。
で、生徒は制服着てました。

こんなの↓



女子は紺のニットベストと、白地に青系チェックのスカート。ベストの下には白いブラウスを着てますが、指定ではないようでデザインはまちまち。靴もバラバラで、もこもこのブーツの子もいました。スカート丈は、膝よりちょっとだけ上くらい。日本の女子高生みたいな超ミニはいませんよ~。

男子はグレーのパンツに白いシャツ。グレーのジャケットを着た子もいたな。クラス名の入ったトレーナー姿も見かけたので、体操着もあるんでしょうね。

先生はベテランそうな女性が2人。

そんな皆さんにコの字型に囲まれて、授業開始です。
ああ・・・注目されてる・・・。

始めに、娘さんが日本について説明するとのこと。

ノートパソコンの画面がプロジェクターで大きく映し出されたんですが、パワーポイント使ってますよ!
さっすが、いまどきの中学生は使うツールが違うなー。

しかも内容もすごい。

日本の地方の名前、東京・京都・大阪の紹介、
日本食
(天ぷらはポルトガル起源の日本食だそうです・・・知らんかった)、
日本語、
ゲイシャ・サムライ・ニンジャ
(扮装した生徒も登場!)、
歌舞伎・折り紙
(男の子が緊張でプルプルしながら、自分で折った折り紙の大作を見せてくれました!)、
日本でアイヌの研究をしたポーランド人のこと
(知らんかった・・・)。

たぶんお父さんの手助けもあったのだろうけど、立派な資料でした。

プレゼンも堂々とこなしてたし、優秀な娘さんなんだなあ。


発表が終わったら、その後は質問タイム。
生徒さんたちから次々と質問が出て、活気ある授業になりました。

やはり日本の中学については気になるようで、科目や生徒数について話しました。
(私は最初に「ポーランド語が少ししか分からないから日本語で話しますね」と断って日本語で話し、あとは通訳さんにかなりお任せしてました)
家庭科という授業はこちらの子にはピンとこない様子。
生徒が学校の掃除をすることに皆びっくり。
1クラスに40人以上いる(私の時代の話ですが)というのにもびっくり。

日本語については、ひらがな・カタカナ・漢字と3種類あって、漢字はすっごくたくさんあるという話に、ひえーって感じで目を丸くする子もいました。
キーボードでどうやって入力するの?って質問もあり。今の子ならではだな~。
ひらがな・カタカナ・漢字を黒板に書いた時、私が「愛」という字を書いたら、通訳さんが「愛という字の中にはハート(心)が入ってるんだよ」と。
ひゅー。ナイス。

他にもこんな質問が・・・

・なぜ地震が多いのか?
(日本地図の横っちょに線を描いて、ここでプレートが動いててーみたいなことを説明。私は絵を描いただけσ(^_^;))

・ポーランドのどんなところが好き?
(眺めがいいのと、人がみな親切なところかなー)

・ポーランドでびっくりしたことは?
(「名前の日」というのがあること、結婚式で朝まで踊り明かすほど歌とダンスが好きなこと、大工に頼らず家を作っちゃうこと。)

・先生から、自殺率の高さや虐待を受けた子供の保護について質問・・・。
(自殺については通訳さんにお任せ。虐待については保護施設があるし、通報により職員が訪問することもあるけど応じてもらえないことも多いと言ったら「ポーランドでは家庭の問題に保護施設以外の他人は関与しない」とのことです)

・なぜ髪が黒いか?
(知らねー・・・と思いましたが、通訳さんが蒙古斑の話に持ってった)

・中国人、韓国人と見分けはつくの?
(服装でわかる場合もあるけど、難しいねー)

・日本人はどんな酒を飲むのー?
(遅刻してきたちょっとワルぶりたい男の子からの質問。普通に、とりあえずビールでー、とか言ってしまったが、日本じゃ飲酒は20歳からだぞって言うの忘れた。ポーランドでは18歳)

・たくさん勉強するのか
(先生から。まあ塾に行く子も多いし、勉強はするよねー・・・高校までは)

・盛り上がる年中行事は?
(クリスマスは盛り上がるぞー、クリスチャンじゃなくても。家族のイベントは新年とお盆。)

・どんな宗教を信仰してるの?
(多数の日本人は、イベントによっていろんな宗教のスタイルを使い分けてるんだよねー。カトリック一辺倒のポーランド人にわかってもらえるかわからないけど)

こんな感じで1時間半。
終業のベルが鳴り、授業は無事終了。
(途中にも一回鳴ってたようだから、2時限使ってくれたのかな)

私たち、そしてこの授業のため頑張ってくれた娘さんに拍手。

先生が娘さんに「頑張ったわね、良かったわ」って感じでハグしてました。

私たちはお菓子と本(詩集らしい)を頂きました。

休み時間の校内は、廊下でおしゃべりする子がいたり、なんか音楽が聞こえたりと自由な雰囲気でした。


日本でも中学校を訪れる機会なんてないのに、ここで中学生相手に話す機会があるとはねえ。
新鮮な体験ができて楽しかったな~。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
<おまけ>きょうのだんご



テーブルの上で、なんと大胆なポーズを・・・。



・・・寝た。

恋する⁈ボレスワヴィエツガイド 後編

2012.10.27(土)
陶器の里ボレスワヴィエツの個人的ガイド。
その後編です。


始めに地図を再掲。

img001-006.jpg

地図中で環状線の道路に囲まれたあたり、Rynek(広場)と書いてありますよね?
ここ、普段はありふれた街の広場なのですが
夏(毎年8月後半)の陶器祭りの際、会場となって突如華やぐのです。
数々の工房が出店して賑わいますよ~!
去年のお祭りに行った時の記事がありますので、興味があれば
ここをクリックしてね。


さて、それではガイドの続き。

地図のC界隈を見たらば、ポットとカップが目印のロータリーに戻り、今度は反対方向へ行ってみましょう。

すぐに、右側に入り口を示す看板と旗が見つかります。



ここが地図のD。
名前が長いですけど、「陶器工場『ボレスワヴィエツ』」みたいな意味です。工場とショップがあります。


ショップの外観です。

ここは店内では質の確かなものを売っています。定番の「クジャクの目」と呼ばれる柄がいつも幅広いラインナップで売られてますよ。

たまに駐車場にテントを出して、アウトレット品を安く売っていたりもします。
陶器祭りの時に行くとお買い得かも。


さてさて、それではまたロータリーに戻りまーす。
今度は左折(西へ)してみましょう。

ちょっと走ると、こんな橋があります。



この橋、壁面を綺麗にしたばかり。
上を電車が通るのですが、電車は古ぼけてますね・・・。

橋を過ぎたらまたロータリーにぶつかるので左折!
すぐ近くに陶器のお店があります!
地図のE!


マヌファクトゥラというメーカーで、工房は別の場所にあるのですが(山の中だし予約が必要だとかで省略)、ここではアウトレット品を取り揃えてます。

よく新しい柄が出ていたりするし、アウトレットコーナーは面白い柄が見つかったりするのが楽しいのでよく行くお店です。

ただし、アウトレット品の質によってはオーブン使用が勧められないものもあるらしいので注意。
一度パイ皿を買おうとしたら、お皿の底を見た店員さんに「これはオーブンで使えない」と言われたことがあったんですよね。同じ柄でオーブンOKのものがあったので変えてもらいましたが。
クオリティーを示す何かが書かれているのでしょうけど、見方がまだわかりません(−_−;)


さーて、残すは地図のF。
BOK MCC って名称は略さずにいうとボレスワヴィエツ文化会館とか陶器センターとか・・・まあそんな感じの所ですよ(雑)。
道順の説明は難しいんで、ホームページへのリンクでお許しを・・・。ポーランド語だけど。
kino forumという映画館?と併設されてますよー。



上の写真の、ちょうどバスで隠れているところがショップ。



ここは諸々のメーカーの商品を集めて売っているのですが、いかんせん文化会館の中ということで、ちょっと入りにくいというか・・・
実際、ここで買い物したことはないのです。
なので細かいレポートはなし。


いかがだったでしょうか、ボレスワガイド。
ちなみにこの写真を撮った日にも、ちょっと買っちゃいました。


シンプル系をチョイス。

もしも訪れる機会があったら、お買い物を楽しんでくださいねo(^▽^)o


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
<おまけ>きょうのだんご

ゴロゴロゴロゴロゴロゴロ・・・



この後、私の腕をモミモミするのです(´∀`*)

恋する?!ボレスワヴィエツガイド 前編

2012.10.26(金)
突然ですが、先週NHK-BSの「恋する雑貨」という番組をご覧になった方はいらっしゃいますか?

「ポーリッシュ・ポッタリー」がテーマでした。

そう、ポーランドの陶器。
中でも、ボレスワヴィエツという街で作られたもの。

うちでも番組を見ることができたのですが(放送は日曜日だった)、
ヴロツワフの街並みから始まり、ボレスワヴィエツを訪れ・・・と、馴染みの風景が綺麗に撮られていて嬉しかったのですよ。

そこで!

ボレスワヴィエツを勝手に案内しようと思い立ちました。

名付けて
「恋する?!ボレスワヴィエツガイド」!

まあ、車でもない限りなかなか行かないでしょうけど・・・。

ちなみに、うちのボレスワ陶器はこんな感じ。


まだまだありますよ。


それでは、手作り感あふれる地図で場所の説明をいたします。
(Googleマップでも貼れとか言われそうですが・・・住所を入力すると違う場所を示したり色々不都合なので、すいません)

img001-006.jpg

ヴロツワフ方面(地図の右側)から車を走らせてみましょう。

ボレスワヴィエツの手前、Kruszynという街で国道94号沿いに見つかるのが、番組で紹介されたレストラン&宿泊施設の「ゴスポダ・クルシナ」。地図のAですよ。



ボレスワ市街からはかなり離れてますから、気をつけてくださいねー。

ちなみにここ、入ったことないのよね・・・σ(^_^;)


私がよく行くレストランは、国道94号沿いでボレスワヴィエツ市内を進んだ所にある「オパウコヴァ・ハタ」。地図のBです。


茅ぶき屋根みたいで、面白い外観。

ここでもボレスワ産陶器の食器を使っていますが、茶色の無地という渋い色合いなのでイメージとは違うかも。
ボリューミーなポーランド料理です。


さあ、いよいよ陶器を物色しましょう!

「オパウコヴァ・ハタ」を出て西へ向かうとすぐに、ロータリー。



陶器のポットやカップが目印。



スーパーのkaufland方面に進みましょう。



道の左側にこんな看板があります。
そして


Ceramika artystyczna という陶器メーカー。工房の右手にショップがあります。


スティルという店名。地図のCね。

それほど広い店ではありませんが、棚にはぎっしりと陶器が並んでいます。
アウトレット品も含まれているようで、商品にはクオリティーを示すシールが。1級から4級まであったかな?

日曜はお休みなので注意ですよ。

そしてこの辺りは、もう一つ工場と直営店があったり




いくつかの店が集まってます。




お店をはしごして見比べるのもいいかもしれませんが、私はスティルのが好みだったかな。

さあ、ガイドはまだ続きますよ~!

後編へつづく。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
関係ない話ですが。

修理に出していたiPadが、先週末に戻ってきましたよ!
結局1ヶ月近くかかったなあ・・・。
修理代は500ズウォティ+税。

今後は雑に扱わないように気を付けます・・・。
シレジアじかん。
プロフィール

noala

Author:noala
2009年4月、夫の転勤のためにポーランドへ。
町で超希少種の日本人女性として
一匹狼ライフを満喫中…。

得意技は「ぐうたら」です!!

2010年7月、猫の「だんご」が仲間入り。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
円換算用に置いてみた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。