ポーランドの片隅で綴るマイペース日記

スポンサーサイト

--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋する⁈ボレスワヴィエツガイド 後編

2012.10.27(土)
陶器の里ボレスワヴィエツの個人的ガイド。
その後編です。


始めに地図を再掲。

img001-006.jpg

地図中で環状線の道路に囲まれたあたり、Rynek(広場)と書いてありますよね?
ここ、普段はありふれた街の広場なのですが
夏(毎年8月後半)の陶器祭りの際、会場となって突如華やぐのです。
数々の工房が出店して賑わいますよ~!
去年のお祭りに行った時の記事がありますので、興味があれば
ここをクリックしてね。


さて、それではガイドの続き。

地図のC界隈を見たらば、ポットとカップが目印のロータリーに戻り、今度は反対方向へ行ってみましょう。

すぐに、右側に入り口を示す看板と旗が見つかります。



ここが地図のD。
名前が長いですけど、「陶器工場『ボレスワヴィエツ』」みたいな意味です。工場とショップがあります。


ショップの外観です。

ここは店内では質の確かなものを売っています。定番の「クジャクの目」と呼ばれる柄がいつも幅広いラインナップで売られてますよ。

たまに駐車場にテントを出して、アウトレット品を安く売っていたりもします。
陶器祭りの時に行くとお買い得かも。


さてさて、それではまたロータリーに戻りまーす。
今度は左折(西へ)してみましょう。

ちょっと走ると、こんな橋があります。



この橋、壁面を綺麗にしたばかり。
上を電車が通るのですが、電車は古ぼけてますね・・・。

橋を過ぎたらまたロータリーにぶつかるので左折!
すぐ近くに陶器のお店があります!
地図のE!


マヌファクトゥラというメーカーで、工房は別の場所にあるのですが(山の中だし予約が必要だとかで省略)、ここではアウトレット品を取り揃えてます。

よく新しい柄が出ていたりするし、アウトレットコーナーは面白い柄が見つかったりするのが楽しいのでよく行くお店です。

ただし、アウトレット品の質によってはオーブン使用が勧められないものもあるらしいので注意。
一度パイ皿を買おうとしたら、お皿の底を見た店員さんに「これはオーブンで使えない」と言われたことがあったんですよね。同じ柄でオーブンOKのものがあったので変えてもらいましたが。
クオリティーを示す何かが書かれているのでしょうけど、見方がまだわかりません(−_−;)


さーて、残すは地図のF。
BOK MCC って名称は略さずにいうとボレスワヴィエツ文化会館とか陶器センターとか・・・まあそんな感じの所ですよ(雑)。
道順の説明は難しいんで、ホームページへのリンクでお許しを・・・。ポーランド語だけど。
kino forumという映画館?と併設されてますよー。



上の写真の、ちょうどバスで隠れているところがショップ。



ここは諸々のメーカーの商品を集めて売っているのですが、いかんせん文化会館の中ということで、ちょっと入りにくいというか・・・
実際、ここで買い物したことはないのです。
なので細かいレポートはなし。


いかがだったでしょうか、ボレスワガイド。
ちなみにこの写真を撮った日にも、ちょっと買っちゃいました。


シンプル系をチョイス。

もしも訪れる機会があったら、お買い物を楽しんでくださいねo(^▽^)o


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
<おまけ>きょうのだんご

ゴロゴロゴロゴロゴロゴロ・・・



この後、私の腕をモミモミするのです(´∀`*)
スポンサーサイト
シレジアじかん。
プロフィール

noala

Author:noala
2009年4月、夫の転勤のためにポーランドへ。
町で超希少種の日本人女性として
一匹狼ライフを満喫中…。

得意技は「ぐうたら」です!!

2010年7月、猫の「だんご」が仲間入り。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
円換算用に置いてみた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。