ポーランドの片隅で綴るマイペース日記

スポンサーサイト

--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニホンカラキマシタ。@中学校

2012.11.29(木)
火曜日のこと。
近くの街にある中学校にお邪魔してきました~。

会社の人(ポーランド人)の娘さんが日本について紹介する企画を立てたので、ちょっとインタビューを受けてくれないか、との依頼。
それくらいしか聞いていなかったので、いまいち雰囲気のつかめないまま中学校へ向かいました。
もう一人、ポーランド在住歴の長い日本人(通訳さん、男性)も参加。

そして中学校に到着。
娘さんがお出迎え。14歳だそうです。背、高いな~。

玄関は、靴のまま入るので当然下駄箱なし。
廊下は日本より窓が少ないかな?暖房が効いていて廊下にいても暖かいです。
授業中らしく、人はいません。

そして教室に通されると・・・
生徒と先生の拍手!
教室は日本より小さくて、生徒は15人くらいだったかなあ。先生が2人。
で、生徒は制服着てました。

こんなの↓



女子は紺のニットベストと、白地に青系チェックのスカート。ベストの下には白いブラウスを着てますが、指定ではないようでデザインはまちまち。靴もバラバラで、もこもこのブーツの子もいました。スカート丈は、膝よりちょっとだけ上くらい。日本の女子高生みたいな超ミニはいませんよ~。

男子はグレーのパンツに白いシャツ。グレーのジャケットを着た子もいたな。クラス名の入ったトレーナー姿も見かけたので、体操着もあるんでしょうね。

先生はベテランそうな女性が2人。

そんな皆さんにコの字型に囲まれて、授業開始です。
ああ・・・注目されてる・・・。

始めに、娘さんが日本について説明するとのこと。

ノートパソコンの画面がプロジェクターで大きく映し出されたんですが、パワーポイント使ってますよ!
さっすが、いまどきの中学生は使うツールが違うなー。

しかも内容もすごい。

日本の地方の名前、東京・京都・大阪の紹介、
日本食
(天ぷらはポルトガル起源の日本食だそうです・・・知らんかった)、
日本語、
ゲイシャ・サムライ・ニンジャ
(扮装した生徒も登場!)、
歌舞伎・折り紙
(男の子が緊張でプルプルしながら、自分で折った折り紙の大作を見せてくれました!)、
日本でアイヌの研究をしたポーランド人のこと
(知らんかった・・・)。

たぶんお父さんの手助けもあったのだろうけど、立派な資料でした。

プレゼンも堂々とこなしてたし、優秀な娘さんなんだなあ。


発表が終わったら、その後は質問タイム。
生徒さんたちから次々と質問が出て、活気ある授業になりました。

やはり日本の中学については気になるようで、科目や生徒数について話しました。
(私は最初に「ポーランド語が少ししか分からないから日本語で話しますね」と断って日本語で話し、あとは通訳さんにかなりお任せしてました)
家庭科という授業はこちらの子にはピンとこない様子。
生徒が学校の掃除をすることに皆びっくり。
1クラスに40人以上いる(私の時代の話ですが)というのにもびっくり。

日本語については、ひらがな・カタカナ・漢字と3種類あって、漢字はすっごくたくさんあるという話に、ひえーって感じで目を丸くする子もいました。
キーボードでどうやって入力するの?って質問もあり。今の子ならではだな~。
ひらがな・カタカナ・漢字を黒板に書いた時、私が「愛」という字を書いたら、通訳さんが「愛という字の中にはハート(心)が入ってるんだよ」と。
ひゅー。ナイス。

他にもこんな質問が・・・

・なぜ地震が多いのか?
(日本地図の横っちょに線を描いて、ここでプレートが動いててーみたいなことを説明。私は絵を描いただけσ(^_^;))

・ポーランドのどんなところが好き?
(眺めがいいのと、人がみな親切なところかなー)

・ポーランドでびっくりしたことは?
(「名前の日」というのがあること、結婚式で朝まで踊り明かすほど歌とダンスが好きなこと、大工に頼らず家を作っちゃうこと。)

・先生から、自殺率の高さや虐待を受けた子供の保護について質問・・・。
(自殺については通訳さんにお任せ。虐待については保護施設があるし、通報により職員が訪問することもあるけど応じてもらえないことも多いと言ったら「ポーランドでは家庭の問題に保護施設以外の他人は関与しない」とのことです)

・なぜ髪が黒いか?
(知らねー・・・と思いましたが、通訳さんが蒙古斑の話に持ってった)

・中国人、韓国人と見分けはつくの?
(服装でわかる場合もあるけど、難しいねー)

・日本人はどんな酒を飲むのー?
(遅刻してきたちょっとワルぶりたい男の子からの質問。普通に、とりあえずビールでー、とか言ってしまったが、日本じゃ飲酒は20歳からだぞって言うの忘れた。ポーランドでは18歳)

・たくさん勉強するのか
(先生から。まあ塾に行く子も多いし、勉強はするよねー・・・高校までは)

・盛り上がる年中行事は?
(クリスマスは盛り上がるぞー、クリスチャンじゃなくても。家族のイベントは新年とお盆。)

・どんな宗教を信仰してるの?
(多数の日本人は、イベントによっていろんな宗教のスタイルを使い分けてるんだよねー。カトリック一辺倒のポーランド人にわかってもらえるかわからないけど)

こんな感じで1時間半。
終業のベルが鳴り、授業は無事終了。
(途中にも一回鳴ってたようだから、2時限使ってくれたのかな)

私たち、そしてこの授業のため頑張ってくれた娘さんに拍手。

先生が娘さんに「頑張ったわね、良かったわ」って感じでハグしてました。

私たちはお菓子と本(詩集らしい)を頂きました。

休み時間の校内は、廊下でおしゃべりする子がいたり、なんか音楽が聞こえたりと自由な雰囲気でした。


日本でも中学校を訪れる機会なんてないのに、ここで中学生相手に話す機会があるとはねえ。
新鮮な体験ができて楽しかったな~。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
<おまけ>きょうのだんご



テーブルの上で、なんと大胆なポーズを・・・。



・・・寝た。
スポンサーサイト
シレジアじかん。
プロフィール

noala

Author:noala
2009年4月、夫の転勤のためにポーランドへ。
町で超希少種の日本人女性として
一匹狼ライフを満喫中…。

得意技は「ぐうたら」です!!

2010年7月、猫の「だんご」が仲間入り。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
円換算用に置いてみた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。