ポーランドの片隅で綴るマイペース日記

スポンサーサイト

--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抜糸と今後の手続き

2011.01.24(月)
だんごの避妊手術から2週間。
今日、抜糸しました。
消毒液でお腹を褐色に塗られ、
さらに銀が入っていると思われるスプレーをかけられ
だんごのお腹は現在、若干メタリックな輝きを放っております。
もう窮屈な服も着なくていいし、良かったね。

激しく遊びそうなタイプのおもちゃを久しぶりにあげてみました。

DSCN2822.jpg

中にマタタビが入っているらしい、ねずみ。

はい、どうぞ。

DSCN2824.jpg

しばらく”猫夢中”状態でくわえたりパンチしたりと駆けずり回り、
今はおとなしくなってます。眠くなったのね。


実は、明日も病院へ行くことになっています。
個体識別用マイクロチップの装着と、狂犬病予防注射が待ってます。
赴任期間が終了したとき、一緒に日本へ渡るための第1歩なのです。

日本入国には、
・マイクロチップの装着
・装着後2回の狂犬病予防接種(不活化ワクチンか一部の遺伝子組み換えワクチン)
・2回の注射後の抗体検査で基準値をクリアすること
・抗体検査のため採血した日から180日の待機
・その他届出、渡航直前の健康診断など
が必要だそうで…。
ちゃんとクリアしないと、検疫でひっかかり、成田にだんごが勾留されてしまう…(T_T)

最近は、マイクロチップ装着前の注射も1回は認められるケースがあるらしいけど
だんごが前回受けた注射は生後90日経ってなかったのでダメっぽいです。
なので、明日マイクロチップ装着→予防接種をしたら
30日以上空けてもう一度接種し、抗体検査するということになるようで。
まあ、そんなに急がないので
30日と言わず、半年くらい空けて2回目の注射を打とうかと考えてます。
で、日本で提出する書類に獣医さんの記入とかポーランドの政府機関の証明(これは県の管轄らしい)をもらわないといけないんだよなー。
あー、ややこしい。

私の記述も正確か怪しいところなので、もしも参考にしたい方がいたら動物検疫所のHPをチェックしてくださいねー!!
動物検疫所はこちら→http://www.maff.go.jp/aqs/animal/dog/import-index.html
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
シレジアじかん。
プロフィール

noala

Author:noala
2009年4月、夫の転勤のためにポーランドへ。
町で超希少種の日本人女性として
一匹狼ライフを満喫中…。

得意技は「ぐうたら」です!!

2010年7月、猫の「だんご」が仲間入り。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
円換算用に置いてみた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。